信用保証協会の審査 横浜資金調達サポートセンター

2019年3月21日

信用保証協会の使い方は、大きく分けて二種類に分類されます。        信用保証協会にお申込 各地域にある信用保証協会にお越しいただき、ご相談の後、申込書をお渡しします。 ご記入いただいた申込書に必要書類を添付の上、ご提出ください。 (出典:全国信用保証協会連合会 信用保証のお申し込みの流れ) 金融機関経由でお申込 金融機関の窓口で融資を申し込まれる際に、信用保証の申込手続を行います。 金融機関が融資適当と判断した場合、必要書類を金融機関経由で信用保証協会に提出していただきます。 (出典:全国信用保証協会連合会 信用保証のお申し込みの流れ)

ほとんどの企業では、二つめの方法(金融機関経由での申込)で申込みしています。また信用保証協会に直接申込みしようとしても「金融機関経由で申込みしてください。」と追い返される保証協会も多くあります。まずは取引している金融機関に相談する方がよいでしょう。金融機関で申し込む場合も、はじめての保証付融資の場合は信用保証協会による面談を受ける必要があります。ここでは、信用保証協会が「審査で何を重視するのか」説明していきます。信用保証協会の審査では、以下のポイントが重視されます。

 1.返済能力  2.社長の人柄・信用度  3.資金使途  4.書類の正確さ 

審 査では企業の返済能力や経営者の人柄・信用度、資金の使い道が問われます。何を質問され ても答えられるように、会社の業績やデータを表した資料はすべて揃えるようにします。また、身だしなみも重要です。だらしない格好で審査に臨む と「会社の経営もだらしない」と判断されます。 「人は見かけによらない」と判断されず、経営者の立ち居振る舞いや、発言内容は審査を左右します。面談では、できるだけ「きちんとした印象」が与えられるよう、マナーや言動に注意してください。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ

ニュース

Posted by 黒澤