銀行融資を受ける際の最重要ポイント自己資本比率とは③

銀行からの融資を受ける際に最重要視される自己資本比率についての3回目になります。

自己資本比率が高ければ、その分「健全な経営が行われている」と判断されるため、金融機関からの支援やサポートは受けやすくなります。このほかにも、経営改善計画書などを作成している企業や、実績のある企業、融資後の改善姿勢に好感の持てる企業は、金融機関から借入出来る確率が非常に高くなります。以下に、金融機関から『借入できる企業の特徴』を簡単に示してみます。

借入できる企業の特徴

  1. 精度の高い資料が作成でき、きちんと説明ができる
  2. 確かな実績を示し、融資後の改善姿勢も明らかである
  3. 現状を正しく把握し、取引先に正しく伝えることができる
  4. 質の高い経営計画書によって、将来の姿が効果的にアピールできる
  5. 支店担当者との関係が良好で、直接話せる機会がある

いかがでしょうか? まずは「借入できる企業=優良企業」の特徴を覚えておいください。自己資本比率が40%あれば「優良企業」とされる理由を説明します。経営に関する書籍やコラムを読んでいると、どこでも「自己資本比率が40%を超えると安全」という表現を見かけます。これは、負債に対して「返済義務のない資産」がより大きな割合を占めているからです。ただ、何でも「自己資本比率が高ければ高いほど良い」という訳ではありません。例えば、自己資本比率が高すぎると、企業の成長力がストップしている可能性もあるからです。もし、他からの借入が一切無い場合、新しい事業の展開や拡大は望めなくなるでしょう。このため、自己資本のうちある程度は、他からの借入や融資が無ければ、健全な企業と言えません。もちろん、他人資本に依存し過ぎるのはリスクが大きいですが、バランス良く金融機関からの支援や借入を受け入れることた重要なことです。

横浜資金調達コンサルタントオフィスへの問い合わせはこちらへ
ファーストフィナンシャルオフィスでは、下記の社会貢献活動に参加しています。

CO2資源化プロジェクト

脱炭素社会へのプロセスは今世紀最大のビジネスチャンスです。
当プロジェクトはCO2を有益な資源へ変換するものです。
いろいろな業種業態の方々へビジネスチャンスをもたらします(無料参加制度)。

CO2を削減する具体的な先端技術の手法を情報提供します。
CO2削減への対策をしなければ業績に影響が出る中小企業数は約3分の1に及ぶと想定されます。
有価証券報告書を作成している企業は温暖化ガスの対応を開示することが義務化されます。
金融機関からCO2削減策を具体的に求められる時代になりました。

CO2資源化プロジェクト | ベスト経費削減.com (アイリスク研究所株式会社様に参加)

寄付金事業

アイリスク研究所株式会社の資金で慈善団体等へ寄付を行います。

寄付金ハートフルキャンペーン | ベスト経費削減.com
(アイリスク研究所株式会社様に参加)