ノンバンクで資金を調達する  横浜資金調達サポートセンター

2019年3月21日

ノンバンクの事業者ローンとは、銀行以外のカードローン会社、金融業者が扱う融資商品です。ひと昔前まで「ノンバンク=危険」といったイメージもありましたが、一部金融業者は銀行の子会社が融資を実施しています。また「ビジネスローン」を専業とする業者もあり、一部は大手企業が利用するほか、他社カードローンの信用保証業務を行うなど、信頼性の高い取引が行われています。

メリット…ノンバンクの良さは、審査の柔軟さにあります。もちろん利用する業者によって条件は異なりますが、一般的な銀行ローン、その他ローンに比べて審査のスピードが速く、利用者のニーズに沿った融資商品が利用できます。デメリット…信用金庫のローンや信用組合のローン、利用者貸付、その他「低金利を謳ったローン」とは異なり、利息はやや高めに設定されています。それでも、ノンバンクのビジネスローンは個人事業主・中小企業経営者の間で高く評価されています。なぜなら経営状況が「赤字」であっても、将来を見据えて融資審査が行われるからです。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ

ニュース

Posted by 黒澤