手形貸付とは 横浜資金調達サポートセンター

2019年3月21日

手形貸付とは、借用書代わりに自ら銀行宛に手形を発行して、銀行から融資を受けることをいいます。                            手形貸付(てがたかしつけ)とは経済学用語の一つで、銀行などの金融機関が資金を融資する方法の一つである。資金を融資する場合に、借主から銀行宛の約束手形を振り出し、銀行は借主に手形に書かれている額面から利息分を引いただけの金額を交付するという方法。この方法は主に短期資金の融資に用いられている。Wikipedia「手形貸付」より                         手形割引同様、手形貸付にも「支払い期日」があり、期間内に返済する必要があります。また手形貸付の多くは1年未満の短期融資として使用されるため素早く資金を調達し、返済する必要があります。

手形貸付は、都市銀行や地方銀行のほか、信用金庫、専用の手形貸付業者に依頼し、融資が受けられます。手形貸付の利率は、銀行や利用する保証付き融資の有無、御社の経営状況によっても大きく変わります。また、これらの利率については各銀行や業者に相談して事前に確認する必要があります。                                             手形貸付を利用するには、前提として銀行の当座預金口座を開設して手形が発行できる状態である事が必要です。通常、手形は商品代金等の支払いの際にあらかじめ決められた期日までに支払うことを受取人に約束したものですが、手形貸付はこの受取人を銀行にすることで手形に書かれた金額の融資を受けることができる仕組みです。出典:会社設立ドットネット【資金調達用語をわかりやすく解説】手形貸付とは?より一部抜粋

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ

ニュース

Posted by 黒澤