信用金庫と銀行の違い 横浜資金調達サポートセンター

2019年3月21日

信用金庫は銀行と経営理念が違います。銀行は株式会社であり営利企業であるため、大企業との取引が業務のメインです。信用金庫と銀行の違いは、以下の通りです。信用金庫…根拠法・信用金庫法、設立目的・国民大衆のために金融の円滑を図り、その貯蓄の増強に資する、組織・会員の出資による協同組織の非営利法人。一方の銀行…根拠法・銀行法、設立目的・国民大衆のために金融の円滑を図る、組織・株式会社組織の営利法人。このように信用金庫と銀行では、根拠となる法律も異なり、設立目的も異なります。また信用金庫と似た機関に「信用組合」がありますが、信用組合は加入する「中小企業経営者」の組合員相互扶助を目的とし、組合員の経済的地位の向上を図るための機関です。

信用金庫は、地域の方々が利用者・会員となって互いに地域の繁栄を図る相互扶助を目的とした協同組織の金融機関で、主な取引先は中小企業や個人です。利益第一主義ではなく、会員すなわち地域社会の利益が優先されます。さらに、営業地域は一定の地域に限定されており、お預かりした資金はその地域の発展に生かされている点も銀行と大きく異なります。信用組合は、信用金庫と同じ協同組織の金融機関ですが、根拠法や会員(組合員)資格が異なります。また、預金の受入れについても、信用組合は原則として組合員が対象ですが、信用金庫は制限がないなど業務の範囲も異なります。         一般社団法人全国信用金庫協会

一方、信用金庫は相互扶助を目的とした金融機関で、主に中小企業や個人を対象としています。どちらが優れている・劣っているという問題ではなく、単に役割が違うだけです。信用金庫は地域に根差した営業を行っているため、地元の中小企業にとっては心強い味方です。取引歴がない中小企業の借り入れ相談にも比較的好意的に応じてくれるため、銀行からの融資を受けるのが難しい場合は信用金庫との取引を視野に入れることをおすすめいたします。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ

ニュース

Posted by 黒澤