不動産担保での資金調達

不動産担保ローンの一番のメリットは、高額融資が受けやすいことです。数千万円から、最高1億円まで対応するローンもある上、「使途自由なローン」も多いため生計費はもちろん、事業資金としても活用できます。

通常、事業者ローン会社はお金をたくさん持っている人、言い換えれば債務の履行能力が高い人にお金を貸したがります。しかし、無担保ローンでお金を借りようとしている人は債務の履行能力が低い人であるため、少額の融資しか受けられません。一方、不動産を担保に入れられる人は債務の履行能力が高い人であるため、高額の融資が受けやすくなります。【不動産担保ローン(不動産担保融資)を利用するメリットとデメリット】より。

不動産担保という安心材料があるため、不動産担保融資の審査は、通常のローンよりも「可決率が高い」と言われます。このため、他社のローン審査が通らなかった方でも、活用できる不動産があれば、不動産担保融資を利用するのも資金調達の方法のひとつです。一番抵当権が付いていても大丈夫です。

不動産担保融資についてのご相談がございましたら、当社にお気軽にお問い合わせください。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ

ニュース

Posted by 黒澤