信用情報機関とは

自己破産などのいわゆる金融事故情報は、「信用情報機関」に登録されるのですが、この「信用情報機関」には、次の通り3つの機関があります。

・日本信用情報機構(JICC)
・シーアイシー(CIC)
・全国銀行個人信用情報センター(KSC)

これら3つの機関は、会員となる金融事業者が異なっています。「日本信用情報機構(JICC)」は消費者金融、「シーアイシー(CIC)」は信販会社・クレジットカード会社、そして「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」は主に銀行や銀行系列のクレジットカード会社・信用保証協会・信用組合・信用金庫・農協の信用情報を取り扱っています。なお、それぞれの機関に登録された金融事故情報は、「CRIN(Credit Infomation Network、クリン)」という情報ネットワークを通して共有されており、各信用情報機関同士で内容が参照可能となっています。その他、CRINでは「身分証明書に関する盗難や紛失などの情報」も共有されています。もし自己破産をしてしまった場合、何年後から新規の借入が可能となるのでしょうか。これは、自己破産の情報が登録された信用情報機関により異なります。その期間としては、おおよそ5年~10年とされています。

なお、情報登録期間を過ぎた後に新たなローン申し込みをする場合は、自己破産手続きをしていない会社を選ぶ必要があります。一度自己破産の手続きを行った会社は、事故情報データがそのまま残っているため、再度申し込みをしても審査に通過できない可能性が高いためです。このように自己破産後に新規の借入を希望する場合は、いくつかの制約が発生しますので注意が必要です。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ

ニュース

Posted by 黒澤