不動産投資用の融資に対する当局の動き

新聞によると金融庁はS銀行の不正融資問題が発覚した不動産投資向けの融資の監視を強め、融資と同時に別のローン契約や金融商品の販売を強いる不当な「抱き合わせ」がないか監視を強めるそうです。

S銀行による融資では多くの不動産投資会社が調達を受けていたが、今回の問題によりS銀行に代わる金融機関があるかが現実問題です。

金融庁の監視が他の金融機関の貸し渋りにならなければよいのですが。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ