不動産投資用の融資に対する当局の動き

新聞によると金融庁はS銀行の不正融資問題が発覚した不動産投資向けの融資の監視を強め、融資と同時に別のローン契約や金融商品の販売を強いる不当な「抱き合わせ」がないか監視を強めるそうです。

S銀行による融資では多くの不動産投資会社が調達を受けていたが、今回の問題によりS銀行に代わる金融機関があるかが現実問題です。

金融庁の監視が他の金融機関の貸し渋りにならなければよいのですが。

LINEからお問い合わせ
横浜資金調達コンサルタントオフィスへの問い合わせはこちらへ
ファーストフィナンシャルオフィスでは、下記の社会貢献活動に参加しています。

CO2資源化プロジェクト

脱炭素社会へのプロセスは今世紀最大のビジネスチャンスです。
当プロジェクトはCO2を有益な資源へ変換するものです。
いろいろな業種業態の方々へビジネスチャンスをもたらします(無料参加制度)。

CO2を削減する具体的な先端技術の手法を情報提供します。
CO2削減への対策をしなければ業績に影響が出る中小企業数は約3分の1に及ぶと想定されます。
有価証券報告書を作成している企業は温暖化ガスの対応を開示することが義務化されます。
金融機関からCO2削減策を具体的に求められる時代になりました。

CO2資源化プロジェクト | ベスト経費削減.com (アイリスク研究所株式会社様に参加)

寄付金事業

アイリスク研究所株式会社の資金で慈善団体等へ寄付を行います。

寄付金ハートフルキャンペーン | ベスト経費削減.com
(アイリスク研究所株式会社様に参加)