個人で開業するときの自己資金とは

個人で事業を始めるときに金融機関から創業融資を受けようとするときよく自己資金はいくらご用意できますかと聞かれると思います。つまり法人設立でいう資本金と同じことです。

創業融資を受けるときは、日本政策金融公庫や金融機関から必ず自己資金の額について聞かれると思います。それだけ自己資金の額が大事だということです。

例えば、創業融資で500万円の融資を受けようとしたら、250~300万円の自己資金が必要になります。1000万円の融資でしたら倍の500万円が必要になります。

もちろん自己資金だけでなく、創業計画書(事業計画書)の中身も融資を受ける為の必要な書類です。自己資金が少なくても創業計画書の内容によっては融資額も期待できます。

創業融資でお悩みの時は当事務所へお気軽にお問い合わせください。

横浜資金調達サポートセンターへの問い合わせはこちらへ

ニュース

Posted by 黒澤